日本語EnglishDeutschČesky
 

ー2012.09.03ー

いよいよ事務所として始動しはじめた。

ー2012.08.21ー

椅子が搬入された。いよいよ事務所として活用できる。

ー2012.08.09ー

第二段階家具設置。各デスクブースも出来上がり、アルミや鉄で出来たパーテーションと違い
全面木で作ると何故かほっとするものである。


事務所中央に置かれた、ちょっとした会議やシェアデスクとして使われる天板を無垢の木で作製した机は圧巻だ。
遠目では目に付かないが繊細な作業が全体の印象を清々しくしている。

ー2012.08.03ー

第一段階家具設置、無垢の木の重量感を感じる。

施主自ら塗装に励む。お米から出来た溶剤を一切使用していない材料なので臭いもなく手軽に塗れ、塗装後は木目が際立つ。


あらかじめ、家具を置く位置に床コンセントを設ける工事。
現代の事務所においてネット環境はWif等することで配線をスッキリできるが電源そのものを無くすことは不可能な為、奇麗に処置し対応することは地味だが大事なポイントである。

ー2012.07.26ー

椅子選び。実物の家具を体験し座るとカタログとは違う印象になる。
最近の比較的安価な家具メーカーは都内にショールームを持つ事が負担になるのか殆どない。
カタログの写真だけで判断するには勇気がいると思うが。

ー2012.07.20ー

基本設計終了。全てのデスク天板を”楢”の無垢材で制作し本棚やパーテーションも”楢”の突板で統一。
段階を踏んで事務所が変化していき…最終的には会議室を掘り炬燵形式にする。

ー2012.06.05ー

創造力を育むoffice空間、人々が集いほっとする場を構築する。

 

 
© Funabashi Gaku architect, Tokyo, Japan. 著作権を所有します| Programming & realisation: STACH software, Czech republic